一般歯科・顕微鏡歯科

誠実で適切な歯科医療を

画像1

患者様に満足していただける治療を同じ症状だからといって、同じ治療ですべての患者様が満足することはありません。患者様のニーズはそれぞれ異なるからです。
たとえば、同じむし歯であっても、とりあえず痛いところを治したい方もいれば、再発しないように時間をかけてでもしっかり治療したい方もいます。

当院では、なるべく早い段階で患者様のニーズをつかみ、それぞれの患者様に合った治療を行ったうえで、より満足していただける結果につなげられるよう心がけています。

治療を先送りにすると・・・

画像5

小さいむし歯であれば、簡単な治療で済ませることができます。
歯をできるだけ残したいのであれば、早期発見をして、すぐに治療をしてもらうことが大事です。むし歯を放置しておくと、むし歯が進行してより複雑な治療が必要となります。
複雑な治療になればなるほど成功率が下がり、最終的には歯の寿命にも関わってきます。

本郷デンタルオフィスの取り組み

神経をできる限り残す治療

当院では、神経はできる限り残す方向で考えています。神経を抜くということは血管を失うことです。血管を失うと水分補給ができず、歯が乾燥状態になり、さまざまなトラブルの原因となるのです。神経は一度抜いてしまうと元には戻りません。だからこそ、神経を抜くかどうかは時間をかけて判断するようにしています。ときには、痛みを伴うことを選択してまで神経を残すこともあります。たとえば、知覚過敏になって神経に炎症が起きた場合や、むし歯が深くて神経まで感染した場合です。そのような状況でもまずは神経を残すことを考え、やむをえず抜かなくてはいけない場合でも、ぎりぎりまで残す方法を探っていきます。

歯をできる限り残す治療

当院では、歯はできる限り抜かない方針です。精密な治療を可能にするマイクロスコープを使用して、1本1本の歯にこだわって診療を行います。ただし、抜歯をすることで治療が確実に良い結果になるとわかっている場合は別です。抜歯をするかどうかは、患者様にじっくり考えていただくために、歯を抜くメリット・デメリット、抜かないメリット・デメリットの両方をお伝えし、患者様にご納得いただいてから決定します。

抜歯を勧めるケース

インプラントや入れ歯を検討されている場合、骨が残っている状態のほうが良いため、早めの抜歯を促しています。また、差し歯の場合も、今後うまく機能しないとわかっているときは抜歯が必要です。このようにお口全体の状態を見極め、それぞれの患者様に合った声かけを行っています。

包括的歯科治療

一度治療したら長持ちさせたいのは、誰しも希望することです。
良い状態を長期間維持するには、健全な歯質、健康な歯周組織(歯肉、骨)、安定した噛み合わせ、構造力学的に安定している、この4項目が全て揃っていなければなりません。

1本の歯を治す場合であっても、複数本を治す場合であっても、必要に応じて様々な角度からアプローチをしなければ、良い状態を長期間維持することが難しくなります。

再発を防ぐ定期的なメンテナンス

再発を防ぐため、むし歯治療が終わっても自宅でのセルフケアはもちろん、定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。どうしても自分では磨きづらいところ、チェックできないところはあるものです。

メンテナンスでは、磨き残しがないかをチェックしてもらい、プロの手でしっかりクリーニングします。
また、定期的な噛み合わせのチェックも重要です。特に被せ物や入れ歯、インプラントなどの人工的な修復物を入れた場合は、「ずれがないか」「強く当たっているところはないか」「欠けたりすり減ったりしていないか」などを特に注意してみています。

歯医者さんが苦手なお子様への配慮

歯医者さんが苦手なお子様への配慮

お子様は歯医者さんが苦手なものです。
特に2~3歳ころのお子様は、上手に治療させてくれないのが当たり前という認識をもってあげてください。

当院でもあせらず丁寧に対応しています。ただし、ひどい痛みが出ていて早急に治療が必要な場合は、小児歯科専門の歯科医院へご紹介しています。

患者様に合った
最適な治療を

診療時間
9:30~12:30 / 14:00~20:00
休 診 日
木曜 / 日曜 / 祝日
※火曜・水曜:17:00まで
※土曜:9:30~14:00
pagetop