根管治療

根管治療とは

むし歯が進行し、歯の神経にまで達してしまうと、神経を取り除き、歯の神経が入っていた根管を綺麗に清掃する治療が必要になります。これが根管治療です。根管治療は非常に難易度の高い治療なので、よりドクターの経験や高度な設備による精密な治療が必要になります。

マイクロスコープを使用した精密な治療

マイクロスコープを使用した精密な治療

当院では、マイクロスコープを使った精密な歯科治療を日常的に行っています。また、マイクロスコープについての研修を国内外で継続して行い、確実で安全な治療に努めています。顕微鏡を歯科治療に使用する唯一最大の理由は、暗くて狭い環境にある口腔内を細部にわたって『光』と『拡大』によって見えるようにすることです。これによって、裸眼では見えないものを見ながらという別世界で治療することができます。

歯科用CTによる精密な検査

歯科用CTによる精密な検査

通常のレントゲンでは平面的にしか見ることができません。歯の根管は一人ひとり形状が違っているため、平面的なレントゲンだけの情報では、精密な治療が難しくなります。そこで歯科用CTを使うと立体的に見ることができるので、根管のどの部分が疾患の原因かをより正確に診断することが可能になりますので、抜歯と診断された歯も根管治療で歯を抜かずに治療できる可能性が高まります。

根管治療後について

根管治療で神経を取った歯は、歯の血流が止まり、乾燥するので、通常の歯より割れたり折れたりしやすくなります。これは枯れ木が折れやすいようなイメージです。歯が割れたり折れたりすることを「歯根破折」といいます。歯を失う主な原因は歯周病と虫歯ですが、次に多い原因がこの歯根破折です。歯根破折は自覚症状がなく根管治療をしても歯根破折を起こし抜歯になることもあるので、根管治療で神経を取った歯がある場合は、必ず歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることをおすすめします。

歯を長持ちさせる素材“セラミック”

歯を長持ちさせるのに重要なことが、治療後に選ぶ被せ物の種類です。金属を使用した被せ物にすると、金属は硬いので、根管治療した歯が割れるリスクが高まります。当院では被せ物の種類にセラミックをご用意しています。歯に優しい素材を使用し、より長持ちできるような治療をご提案させて頂きます。

患者様に合った
最適な治療を

診療時間
9:30~12:30 / 14:00~20:00
休 診 日
木曜 / 日曜 / 祝日
※火曜・水曜:17:00まで
※土曜:9:30~14:00
pagetop