歯周病治療

成人の80%以上は歯周病の症状があります

成人の80%以上は歯周病の症状があります

日本の成人の約8割が歯周病と言われておりますが、進行しても自覚症状がほとんどなく、歯ブラシする時に歯ぐきから出血する程度です。しかし進行すると歯を支えている骨が溶けて膿が出たり、歯がぐらぐらし、歯を失う原因になります。全身疾患と連性も高いので、早期発見と予防が必要になります。

歯周病のセルフチェック

  • 口臭が気になる
  • 歯がグラグラする
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に出血する
  • 硬いものを噛むと痛みがある
  • 硬いものが噛みにくい
  • 歯ぐきが下がったように見える
  • 歯ぐきが赤く腫れたり、膿が出る
  • 歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすい

歯周病の進行

歯肉炎(ポケット1~3mm)

歯肉炎(ポケット1~3mm)

ポケット1~3mm
歯ぐきが炎症をおこし、ブラッシングで出血がみられます。この状態では歯を支えている骨は溶けていないので、正しいブラッシングや歯石除去で治療できます。

歯周病(軽度)

歯周病(軽度)

ポケット3~4mm
歯ぐきの炎症が進み、歯を支える骨の吸収がはじまります。
この状態であれば、歯肉の下の歯石を除去することで治療可能です。

歯周病(中度)

歯周病(中度)

ポケット5~6mm
歯を支えている骨が溶け始めている状態です。歯肉が腫れや出血があり、歯がグラグラするようになります。この状態になると専門的な治療が必要になります。

歯周病(重度)

歯周病(重度)

ポケット7mm以上
歯ぐきがブヨブヨになり、出血や膿が出でて口臭がひどくなります。さらに骨の吸収が進み、食べ物が噛みづらくなります。この状態では抜歯になるケースもあるので、歯周病の専門的な治療が必要になります。

歯周病と全身疾患

歯周病は、お口の中で唯一の生活習慣病といわれ、お口の中の病気としてだけでなく、生活習慣病やその他の病気とも深く関係しています。

糖尿病 歯周病が糖尿病を引き起こすだけではなく、すでに糖尿病の方が歯周病になると、血糖のコントロールが難しくなり悪化の原因になる可能性があります。
心臓病 歯周病菌による炎症から血栓ができやすくなり、動脈硬化を招きます。
肺炎 歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。
早産 妊娠中、歯周病菌による炎症が胎児の成長に影響する可能性があります。歯周病の場合、健康な方と比べて早産する可能性が7倍にもなると言われています。

歯周病になってしまったら・・

歯周病になってしまったら・・

歯周病は自覚症状がほとんどない為、自覚した時には進行が進んでいることが多いです。そのため日常のブラッシングや歯科医院での定期的なメンテナンスで予防することが重要です。もし歯周病になってしまっても、原因は歯垢なので、それを溜めない、増やさないことが基本になります。正しいブラッシングを毎日することはもちろん、歯肉の中に入っている歯石を取り除き、炎症を引き起こす細菌を除去し、健康な歯肉にしていきます。その後は歯科医院での定期メンテナンスでブラッシングでは落とせない汚れなどをきれいにし、健康な状態を維持することが大切です。

当院の歯周病治療

マイクロスコープを使用した外科的治療に頼らない歯周治療

スケーリングやルートプレーニングでも除去できない深い歯周ポケットの歯石には、フラップ手術が必要になります。フラップ手術は外科的に歯肉をよけて根面に付着した汚れを除去できるので確実性が増す一方、歯肉の退縮が多く術後の不快症状が出やすく、セルフケアがしにくくなるなどの欠点もあります。当院ではマイクロスコープを使い出来るだけ侵襲性の低い方法で歯周治療を行うことを心掛けています。

ブラッシング指導(TBI)

歯科衛生士により正しいブラッシング方法を指導します。歯周病治療歯常日頃のセルフケアが重要になります。患者様一人ひとりのお口の状態にあったブラッシング方法を丁寧に指導します。

スケーリング・ルートプレーニング

歯の表面につく歯垢が硬くなると歯石になります。歯石は表面がざらざらしており、さらに汚れや歯垢が溜まりやすく歯周病の原因となります。歯石になった場合、ブラッシングで除去することは難しく、スケーリングとルートプレーニングが必要になります。専用の器具で歯石の除去を行います。

患者様に合った
最適な治療を

診療時間
9:30~12:30 / 14:00~20:00
休 診 日
木曜 / 日曜 / 祝日
※火曜・水曜:17:00まで
※土曜:9:30~14:00
pagetop